2017年8月5日発行 ハースト婦人画報社
ELLE gourmet (エル・グルメ) 2017年9月号

「世界が注目するスター食材」特集の82ページ「甘みの次世代スターはフルーツシロップ」にて、デーツシロップが紹介されました。スイートチリソースやサラダドレッシングなど、デーツシロップ活用レシピも掲載されています。

2016年7月13日 掲載
「ハフィントン・ポスト」日本版制作の動画を共有させていただきます。

スイス連邦工科大学ローザンヌ校の研究チームが、ザクロに「アンチエイジング効果がある」と発表しました。

2016年5月31日発行 主婦の友社 主婦の友生活シリーズ
Vitamin ef 特別編集「 スーパーフードでカラダの中からキレイになる!」69P

「まだまだある!! 大注目の次くるSUPERFOOD GUIDO」のページにザクロジュース(ストレート)が掲載されました。

ザクロに強い抗酸化作用を確認
~活性酸素が原因となる生活習慣病予防に期待~

カゴメ株式会社総合研究所(栃木県西那須野町)は、9種のフルーツの抗酸化作用(活性酸素を消去する作用)の比較を行ない、ザクロが強い活性を有することを明らかにしました。本研究内容は、日本果汁協会主催の、平成15年度(第46回)果汁技術研究発表会(9月9日銀座ガスホール)において発表いたしました。

本研究では、日本のフルーツジュースの中で、機能性研究の素材として取り上げられる果汁や、よく飲まれている果汁のうち、9種のフルーツ(ザクロ、プルーン、ブルーベリー、グレープ、アップル、ピーチ、オレンジ、グレープフルーツ、パインアップル)の水溶性画分について、2種類の活性酸素(スーパーオキシド、ペルオキシナイトライト)と1種類の合成ラジカル(DPPH)を用い、抗酸化作用の比較を行ないました。
その結果、ザクロが最も強い活性を示し、次いで、プルーン、ブルーベリー等に活性が認められました。
この結果から、ザクロ、プルーン、ブルーベリーなどの抗酸化作用が強いフルーツを継続して摂取することにより、活性酸素が原因となる生活習慣病に対する予防効果が期待できます。
(2003年9月30日のニュースリリースより、一部を抜粋)

カゴメ株式会社「カゴメ研究開発だより 研究成果サマリー」に全文が掲載されています。
http://www.kagome.co.jp/research/summary/030930/
* この記事・写真等は、カゴメ株式会社の許諾を得て転載しています。

ザクロ果実が人気 健康産業新聞 第1181号
“ザクロ”
「ザクロ」という名称は、原産地であるイラン中央のザクロス高原に由来するとも言われている。エストロゲンの有無については、2000年の国セン発表以後オランダの分析機関T.N.O栄養食品研究所をはじめ、各国の大学などの研究機関でエストロゲン活性を持つ化合物がピコグラムレベルで検出された結果が出ている。エストロゲン以外にも、「エラグ酸」などの機能性素材として抗酸化、美白などが期待される。最近では去年の日本がん学会でザクロ(濃度5%)の果汁に前立腺がんの細胞を死滅させる成分が含まれていることが名古屋市立大学・朝元助教授らによって発表された。

“企業動向-ザクロ果実が人気:ティストリア”
ティストリアは、5年以上前より原料であるザクロの生育から始まる日本専用の生産ラインで衛生・品質管理を徹底し、ザクロジュース、ザクロ果実および関連製品を輸入販売する。『ザグロスマウンテン』は多種類のザクロの中から4つの種類(白ザクロ・赤ザクロ・ワイルドザクロ、貴重種である黒ザクロ)をセレクトしたものを圧搾し、非加熱で濃縮してブレンドしたもの。この他、ザクロ果実も輸入販売しており、12月~1月の間しか収穫できない希少性と実をもみつぶして飲むというおもしろさが受けてテレビ通販ルートを中心に好評販売中。
また、ザクロの味覚とローズの匂いを併せ生かしたアロマサプリメント『ザグローズ』は、お菓子のように食べられるサプリとして女性層に好評。今後は韓国で人気の『ザクロ酢』を発売する予定。

注目はエラグ酸 健康産業新聞 第1078号
“ザクロ-新たな市場構築へ”去年秋に韓国が日本やイランから輸入したザクロ果汁原料の総量は約5,000tを上回った。また米国でも、ザクロ果汁の抗酸化作用について研究発表がされたこと等が影響して市場が拡大している。
“注目は「エラグ酸」”
女性ホルモン用物質のほかにも、ザクロには豊富に機能性成分が含まれている。中でも注目株は「エラグ酸」。主に女性の美を訴求し、抗酸化作用や抗変異原性、またモルモットによる色素沈着抑制効果などの実験データをもとに、サプリメントや健康食品向けに提案を強めていく。エラグ酸は米国ではがん細胞の増殖抑制作用を示すことも報告されている。その他ポリフェノールやアミノ酸、クエン酸、リンゴ酸、カリウムやカルシウムなども含有しており、含有機能性成分は豊富だ。また最近注目されているのは、ザクロを摂取することで「DHEA活性」が高まるというもの。

“取扱企業動向:ティストリア”
ナール・イラン社製ザクロ製品を取扱う(株)ティストリアは、高品質ザクロ果汁原料を中心に供給体制を強める。ナール・イラン社はイランで最も古く、ザクロのみを取扱う専門メーカー。ザクロ果汁の製品化には特殊な製造工程があるという。これまで日本市場で約500tの取扱実績があり、今後は特に「一般食品市場や酒類関係にも展開を強めたい」という。

前立腺がん細胞にザクロが劇的効果 ヨミウリ・オンライン
前立腺がん細胞にザクロが劇的効果  名古屋市立大研究
果物のザクロに、前立腺がんの細胞を死滅させる成分が含まれていることが、名古屋市立大の朝元誠人・助教授らの研究でわかった。横浜市で開催中の日本癌学会で28日発表した。
朝元助教授らは、人間の初期の前立腺がん細胞を培養し、濃度5%のザクロ果汁の溶液に入れて影響を調べた。すると、わずか30分で激しい反応を起こし、がん細胞が死滅した。前立腺がんにこれほど強く作用する天然物質は例がないという。また、前立腺がんのラットに、5%濃度のザクロジュースを飲ませたところ、がん縮小効果がみられた。
朝元助教授は「普通の食品に、こんな作用があるのは珍しい。成分がわかれば、前立腺がんの予防や治療への応用が期待できる」と話している。
(2006年9月29日 読売新聞)

*この記事・写真等は、読売新聞社の許諾を得て転載しています。
読売新聞社の著作物について
http://www.yomiuri.co.jp/policy/copyright/

ティストリア広告 健康産業新聞 第1181号